一般社団法人朝霞青年会議所

リレー日記3(清水巧)

優しさ溢れる人財育成委員会委員長をさせて頂いている清水巧と申します。

 

仕事は地上測量や地図情報システム開発、遺跡の発掘調査などを行っている中野技術にて主に外回りをさせて頂いております。

 

朝霞青年会議所に入った理由は当時拡大委員長だった方が社長に「朝霞青年会議所に入れる方いらっしゃいませんか?」→社長「君のためなら私が入りましょう。」→「40歳までの人で(^^;」当時社長は63歳・・・ということで私に声がかかり所属させて頂く運びとなりました。

 

朝霞青年会議所のすばらしさは、ひとえに仲間との出会いです。会社にだけ所属していれば、これだけ様々な職業や責任を持った方に会うことは出来ませんでした。

何かを作り上げるために想いを持って行動すること、建前ではなく本音で意見を交わすこと。目標があるからこそ本気で作り上げる。だからこそ友情が芽生える、あいつの為だったら何とかしてあげたい、それが絆となり一生涯の仲間となっていくのだと思います。

 

大好きな先輩が言っていました。「すべての出来事は最高の未来のためにある」ことある毎に思い出しています。まさに、何かがあるから未来が変わる、何もなければ何も変えられない。

 

入会し6年目となりましたが、残りは2年と半年!!かけがえのない仲間づくりのために頑張ってまいります。

 

次は希望溢れる未来育成委員会の井出直紀君にバトンを渡します。