一般社団法人 朝霞青年会議所

リレー日記12(吉山隼人)

本年度、監事の職をつとめております吉山隼人と申します。仕事は和光市で事業系の物件をメインに取り扱っている不動産会社を営んでおります。

青年会議所の活動で得られた事はたくさんありますが、一番は全国にできた「仲間」です。青年会議所には全国の会員と出会える出向という仕組みがあります。この出向を通じて、全国の素晴らしい方達と出会い、意識され自分自身も磨かれていきます。当然、埼玉県内にも多くの仲間ができ、電話1本ですぐに集まり、共に活動を通じて苦労した話や笑い話などが絶えず、一生付き合える大切な仲間がたくさんできました。

青年会議所は40歳で卒業です。この年齢制限があるのも青年会議所の魅力の一つであります。この40近い大人たちが、卒業式でボロボロ涙を流しながら、多くのメンバーの前でスピーチをします。そのスピーチを聞いてる方たちもそれを聞いて感動し涙を流します。一生懸命やればやるほどリターンが大きいのが、この青年会議所という団体です。

青年会議所は常に新しい仲間を募集しております。愛する家族のため、会社のため、地域のために是非一緒に活動しましょう(^^)

次は上田昭憲君にバトンを渡します。