一般社団法人朝霞青年会議所

リレー日記33(片桐大介)

「何じゃこの団体はっ!」と感じながら入会して現在の在籍は5年目、希望溢れる未来育成委員会の片桐大介です。

電気工事の仕事をして10年経った時に「このままでは人生が面白くないし、面白くするためにはもっと外の世界に出ないとアカンな...」と漠然と感じていた時にお客さんから紹介を受けて入会を致しました。

入会当時、私の生活には全く縁の無いスーツを身にまとい、決まった時間に決められた場所に行くことが本当に嫌でした。しかし今も在籍しているのは人と人との出会い、そして人の支えと各事業の学びを感じて私自身が成長している実感があるからです。

青年会議所のカッコいい方々と一緒にいると自分も強くなれたと勘違いをし、出来もしないことをやってみて失敗を繰り返して自己嫌悪に落ち、それでも立ち上がってまた前に歩くことが出来るのは、周りの人たちの支えがあってです。すなわち青年会議所のおかげです。

今の自分にギリ出来ること、周りの方々に恩返しをすること、そして皆が笑えることを考えられる様になりました!

入会当時の自分にも憧れられる様に今を生きていきまっせ!

次は大久保匡祐君にバトンを渡します。