一般社団法人朝霞青年会議所

リレー日記37(山本庸介)

優しさ溢れる人材育成委員会の山本です。
2013年に入会し、今年で6年目になりました。

仕事はいたって普通?のサラリーマンをしています。
会社の同僚や上司は私がJCに入会していることを知っている人は殆どいませんが、最近久しぶりに会う同僚や上司に「なんか雰囲気落ち着いたよね」「成長したね」と言われるようになりました。うれしいです、とっても。

JCでは多くの経験をさせて頂いています(埼玉県内・日本各地への出向や委員長などのお仕事…)。それら通じて、入会するまでは「仕事、そして出世が全て」のような考えしかなく、自分の視野って狭かったなぁ。としみじみ感じています。

JCでの経験を仕事に活用し、仕事も好調になりましたし、仕事で培ったスキルをJCで活かし、より自信に繋がっていると思います。いい循環になっています。

最後に、JCに入会するなら早い方がいいと思いますし、少しでも時間を絞り出して多くの事を経験されることをおススメします。1日は24時間しかなく、JCの卒業は40歳になると必ず訪れます。少しでも多くの経験をして成長しようとするならば、早くから入会するか時間を絞り出すしかない。と考えています。卒業まではしばらく(5年?)ありますが、少しでも成長した自分になれるよう、頑張って参ります。

次は小池洋介君にバトンを渡します。