一般社団法人朝霞青年会議所

リレー日記52(相浦卓也)

2018年度地域力向上委員会の相浦卓也と申します。7月に正入会させていただいたばかりですが、その間の青年会議所の活動でも、実に多くのことを学ばせていただいています。

四市の未来を担っていく青年経営者としての言葉遣いや立ち振る舞い、計画立案から合意形成、事業の実施までのプロセス、そして何より、年齢も職種も異なるメンバーが知恵と気合を結集して地域に貢献する。そのいずれもが刺激的で、これからの活動もとても楽しみです。

私は、市外で老人福祉と障害福祉に取り組む施設を運営しています。この度、志木市に新しい施設を整備することになったのがご縁で、朝霞青年会議所に入会することとなりました。地域を創り、人をつないでいくことは、私たち福祉事業者にとっても使命といえます。

1年半という限られた期間ですが、これから青年会議所の活動を通じて得られるであろう多くの学びを、本業や、その後の自分自身の人生に存分に活かしていきたいと思っています。何卒よろしくお願いいたします。

次は豊泉裕隆君にバトンを渡します。