一般社団法人 朝霞青年会議所

委員会紹介

  • 強固な組織確立委員会

    八塩 一之 委員長

     朝霞青年会議所は45年の歴史があり、伝統が継承されてきた団体です。しかし、時代の流れと共に取り巻く環境は変化し、先輩諸氏が築き上げてきた規律や組織力が薄れてきています。明るい豊かな社会の実現のために、様々な角度から組織を見直さなければいけません。そのためには、会員一人ひとりの意識の変革を行い、組織で行う運動の意味を理解し、責任を持って、青年会議所の活動に邁進する強固な組織づくりが必要となります。
     2018年度強固な組織確立委員会は「根深柢固」をテーマとして朝霞青年会議所の屈強な組織運営を構築していきます。まず、委員会間の連携を強化し情報の共有化を積極的に図り、LOM事業を縁の下で支える立場であると自覚し、各事業がより効果的に展開できるよう支援を行います。次に、会員同士の温度差を埋めるべく、様々な場面から尽くす心を持ち、義理人情を波及させ、朝霞青年会議所の団結力をより強固なものとし、更なる意識変革と組織の資質向上にむけて、軸となり活動を行います。さらに、LOMの最高意思決定機関である総会に向けて、会員一人ひとりに重要性を再認識していただくために、あらゆる手段を駆使し、会員の出席を促します。また、規律をしっかりと伝えていくことにより、青年会議所の担いや運動の意味を理解していただき、次の世代につなげてまいります。根深柢固のもと組織の土台を構築して、運営、設営、会計、管理を常に徹底していきます。そして、更なる組織の飛躍のために下支えを行い、会員一人ひとりの絆を深めることで、朝霞青年会議所の伝統である義理人情を今まで以上に厚いものにしていきます。
     更なる意識変革が備わった会員が組織の資質向上にむけて飛躍し、強固になった組織力により、人のため、まちのため、四市のために何をしなければならないのかを認識し、行動ができるようになることにより、地域プライド確立の礎となることを確信いたします。

  • 地域力向上委員会

    山下 隆昭 委員長

     私たちが活動する四市は、今後更なる人口増加が見込まれ、構成する市民の年代も若い世代が多く移り住んでいます。新たに移り住んだ市民はまち、人、行政との関わりが希薄で、地域社会で顔が見えず、まちづくりに対して持てる力を十分に活かすことができていません。こうした市民の力を引き出し、連帯を強くすることで、一人ひとりが愛し、誇れる四市をつくりあげて、次の世代へ引き継いでいくために行動していく必要があります。
     2018年度地域力向上委員会では「地域愛」をテーマに、今日まで守り受け継がれてきた四市の文化を尊重しながら、まち、人、行政の連帯を強くしていくことで、地域を愛する心を育み、地域力の向上へつなげてまいります。地域に対する関心を高めることにより、その魅力に気づき、愛着が生まれ、自らの行動を通してより良い地域を実現させようとする意識が芽生えます。まず、私たちがまち、人、行政と向き合い、自分たちのまちを知り見つめ直すことで、そこにある各々の想いを知り、今ある課題に対する認識を共有し解決に向け共に取り組んでいくことのできる関係を構築します。そして、その取り組みを地域に広げ、人の輪を創り上げていく中で、地域力を活性化させ、四市の魅力を発見、創造していきます。それを市民に伝えていくことで、一人ひとりがまちと向き合う機会を通して、地域を愛する心が醸成されます。朝霞青年会議所は、市民と行動していく中で関係をより強くし、これまで培われてきた地域社会における信頼を実感し、会員一人ひとりが自己の成長とともに、各々の地域において担う責任を自覚し行動できる人財となります。
     一人ひとりが自分のまちを愛し、行動を起こすことで、その想いがそれぞれの地域に伝播し新たな魅力を生み出していきます。それが更なる地域愛を育み、自分が愛し、誇れる四市が次の世代へ継承されていく、地域プライド確立の一翼を担うと確信しております。

  • 希望溢れる未来育成委員会

    井出 直紀 委員長

     離職率の増加や自尊感情の低下など現代を取り巻く社会問題は多様化し、時代がめまぐるしく変わることで子どもたちの成育環境が大きく変化しています。人と人との直接的な関わりが希薄化する中で、子どもたちがたくましく未来を切り拓くために、豊かな人間性を醸成すると共に時代に合わせた生きる力を身につけることが重要であり、家庭と学校だけではなく朝霞青年会議所が地域として子どもたちの生きる力を育む取組みが必要です。
     2018年度希望溢れる未来育成委員会では「共学共生」を活動の軸とし、地域の大人が子どもたちへ生きる力を伝え、新たな可能性を引き出すことで、待ち受ける困難を乗り越える力を育む運動を発信していきます。まず、子どもたちが学校教育だけでは学ぶことができないことの楽しさを自ら見出し、生涯にわたって学び続ける意欲の向上につながる機会を創ります。そして、家庭と学校だけでは得ることの出来ない、人と人との触れ合いの場を通じて、相手を尊重し思いやる心や、協働し物事を進めていくことの必要性を学ぶことで、子どもたちの社会へ対する関心を高めます。また、会員一人ひとりの経験と知識を伝えることで、子どもたちが将来歩むべき道を見出す機会とし、自立した社会人としての、基盤を構築する一助とします。さらに、会員一人ひとりが地域の担い手として規範意識を重んじ、当事者意識を醸成し、家庭、学校と協力体制を築くための架け橋として、先頭に立ち運動を発信していきます。心と心の強いつながりを実感した子どもたちは、関わる人やまちと共に学び共に成長することで、自身の将来に希望を描く事ができるのです。
     地域と共に歩む中で生きる力を備えた子どもたちは、豊かな人間性が育まれ、自信を持って自らの意志で進むべき道をたくましく切り拓くことができます。そして、未来を見据えて行動する子どもが増えることで、四市が希望溢れる地域になると確信しております。

  • 稼ぐ地域創造委員会

    春日 良介 委員長

     四市は人口が増えているものの社会保障費の増加によって経常収支比率が悪化傾向にあります。また、情報化により利便性が良くなった反面、地域とのつながりがなくとも生活に困らない環境によって郷土愛が希薄傾向にあります。四市の未来を豊かにするには昔から育まれてきた義理人情の商習慣や地域への帰属意識を高め、魅力ある経営資源を見つめ直し、運動が市民へと伝わる広報を目指し、稼ぐ地域を創造する必要があると考えます。
     2018年稼ぐ地域創造委員会では、「四市の魅力の創造」をテーマに、この地域に昔からあるものに再び光を当て四市の経済を活性化する運動を展開していきます。まずは、産学官民との連携を図り、それぞれの立場から見える地域の魅力や課題について情報共有の機会を作ります。次に、地域の経営資源の魅力を高め、市民に広めていくために必要な戦略理論を学ぶことで、稼ぐ地域の創造に向けた計画を作り実践していきます。そして、それぞれの特徴を活かせるコラボレーションを行うことで、相乗効果を生み、さらなる魅力を構築することができます。このように地域の経営資源を改めて見直し、新たな付加価値をつけることで、関わるすべての人に愛着が沸き、それが郷土愛の醸成につながります。また、広報活動として、朝霞青年会議所会員に事業の内容を発信するだけに留まらず、事業の目的、効果を魅力的に伝え動員につなげます。そして、我々の運動を知ってもらうために、四市の関係諸団体と義理と人情を通じた関係を構築します。その結果、運動が市民へと伝播することで帰属意識の醸成につながり、強い地域経済ができると確信します。
     四市を知り愛着を持つ市民が義理と人情でつながることで継続的に地域資源の活性化が行われます。そして、地域の魅力が広まることにより更に多くの市民の帰属意識を呼び起こすことができ、四市以外からも消費を取り込むことにつながり経済成長が実現します。

  • 優しさ溢れる人材育成委員会

    清水 巧 委員長

     私たちは、四市地域で活躍する青年が手を取り合いながら市民意識変革運動を行ってきました。先輩諸氏から脈々と受け継がれてきた歴史の中で今後も私たちがこの地域を先導していくためには、私たちが成長し結束力を高め、地域に我々の想いを伝播していかなければなりません。また、運動を展開していくにあたり、人に動いてもらい、かつ自分自身が動くためには、この仲間のためになら動こうという気概が会員一人ひとりに必要です。
     2018年度優しさ溢れる人財育成委員会では、「朝霞JCプライド」をテーマに掲げて運動を邁進します。義理と人情、そして友情を大切にしながら、どんな困難が立ちはだかろうとも会員一人ひとりがお互いに刺激や気づきを与え合い、建前ではなく本音で切磋琢磨し挑戦していきます。まず、JAYCEEとしての志を持ち、この地域で活躍できる人財を創るために、相手を思いやり尽くす心を醸成し、当事者意識を持った強さと優しさのある人財育成を行います。次に、入会の浅い会員に対して青年会議所活動の基礎知識を習得してもらうためのオリエンテーションを実施し、サポート体制を整えます。そして、会員一人ひとりが自らを鍛え、手を取り合いながら挑戦し、苦楽を共にしてお互いを理解し、自分の想いをしっかりと仲間に伝えていける環境を構築します。くわえて、運動に参加することの意味と意義、そして喜びを実感してもらう機会を創出することで、真の友情や真の絆が芽生え、生涯かけがえのない仲間を作ることで、全ての出来事に前向きに取り組めるようになり、笑顔と魅力溢れる地域の次世代リーダー育成へとつなげて参ります。
     同じ志を持つ仲間が増えまちの事や仲間の事を想うことで、今まで以上のポテンシャルを発揮し、朝霞JCプライドを確立します。その先には、笑顔溢れ成長を実感できる朝霞青年会議所がこの地域の礎となり、地域を笑顔溢れる未来へと導くことができるのです。

  • 情熱の和拡充委員会

    村上 俊之 委員長

     人と人とが支え合う理想のまちの創造へ向けた朝霞青年会議所の運動は、様々な価値観を認め合い、個の魅力を高め合うことで成し遂げられます。この地域の多くの課題に十分に取り組むためには、多数の会員で力を合わせて、継続的に運動を展開していかなければなりません。共に活動する仲間が増えるほど、私たちの運動の成果を地域に一層伝播できるという意識を組織全体で共有して、会員一人ひとりが拡大に取り組む必要があります。
     2018年度情熱の和拡充委員会では、拡大が青年会議所運動の根幹であることを共通認識とし、結果を強く意識した会員拡大を推し進めます。青年会議所の使命は、市民意識の積極的変革を起こすことであり、その第一歩は、地域の青年の意識を変革し、共に運動に携わる仲間を増やすことです。拡大にとって必要なものは、冷静な情報収集と情熱的な行動であり、「情熱なくして拡大なし」を合言葉として、組織一丸での拡大を実現いたします。まず、多彩な仲間を増やすために、特定の価値観にとらわれない幅広い対象者の発掘を行い、結果を意識した情報を共有していきます。また、個の魅力と組織の魅力が人の意識を変えるのであり、青年会議所の魅力を実感した魅力的な会員が夢や想いを伝えられるようになることで、人が人に惚れるような拡大へとつなげます。そして、会員一人ひとりが当事者意識を持って拡大に取り組むことができるように、委員会間の連携を構築していきます。あらゆる青年会議所運動において情報収集と行動が意識されるべきであり、会員一人ひとりが拡大に取り組むことで、私たちの運動は無限に広がることになるのです。
     熱い想いと思いやりを持った会員が、夢や想いを伝えることにより、多彩な仲間が集結いたします。そして、情熱の和で結びついた会員が創り出す魅力的な運動を展開し続けることで、義理と人情が溢れるまちの創造へと人を動かすことになると確信しております。先輩諸兄姉から脈々と運動を展開してきた朝霞青年会議所は、近年新入会員数より卒業生が増え以前に比べ会員が減少しています。この組織が未来を見据え、明るい豊かな社会の実現に向かい運動を発信し続けるためには、一緒に運動する仲間を増やすことが不可欠です。地域の担い手である若者の意識を呼び起こし一緒に運動を進めるために、私たちが志を一つにし、組織が一枚岩となりこの運動の素晴らしさを伝えていく必要があります。