一般社団法人 朝霞青年会議所

委員会紹介

  • 総務委員会

    #

    畑井 雄太

    朝霞青年会議所は本年45周年を迎え、この先も地域から必要とされる組織であり続けるためにも先輩諸兄姉が積み上げてきた伝統を継承し、新たな課題に挑戦していく中でメンバー一人ひとりが成長して足並みを揃えていかなければなりません。組織は人で成り立っていることから、メンバー一人ひとりが義理人情に厚く組織の帰属意識を持ち現状に甘んじることなく律していく姿勢が、組織基盤を強化する上で最も重要であると考えます。

    詳しくみる

  • 社会開発委員会

    #

    田嶋 囲式

    若者が地域活動に想いを持って取り組むことで、未来に向けたまちづくりに向け、次代につながる大きな一歩となります。しかし、地域活動は行政がやってくれると考える若者が増え、まちづくりに対する距離感を見いだせずにいます。すべての人が地域を自分のこととして捉え活動することで、まちづくりは連綿とつながります。今こそ、若者は自分の未来を自分の力で切り拓く意志を持つことにより、当事者意識を高める必要があります。

    詳しくみる

  • 教育青少年開発委員会

    #

    吉村 豪介

    私たちの住むこの地域は、子育て環境の整備に力を入れており、子育て世代が多く集まっています。しかし、結婚後に転居してきたことから地域に相談できる相手が少ないという人や、子どもと接してきた経験が乏しいことから子育てに自信を持てず不安を感じている人が多くいます。子どもが生きていくために不可欠な感謝やおもいやりの気持ちを育んでいただくためには、まず親の意識を変えて子育てへの不安を解消する必要があります。

    詳しくみる

  • 経営指導力開発委員会

    #

    鈴木 智久

    地域経済の大きな発展には、企業の成長が必要不可欠であり、時代を読み取り、利他の精神の下、過去の知恵を活かし、未来を切り拓いていかなければなりません。四市の地域経済を滞ることなく活性化させていくためには、朝霞青年会議所が今ある問題を認識し、未来への展望を掲げ、培ってきた四市のネットワークを活かし、共に歩み、共に成長し、率先して行動し、地域経済の向上に努められるリーダーの育成が必要であると考えます。

    詳しくみる

  • 広報委員会

    #

    佐藤 敦

    創立から45年目を迎える朝霞青年会議所は、一貫して市民に積極的な意識変革を促す運動を展開してきました。私たちの想いや運動を市民に伝える広報活動は時代や環境に応じて変化しており、理解と共感を育む発信は今後増々重要な視点となり特に意識すべき課題となっています。ただ発信するのではなく、対象となる市民へ期待する行動変化を意識し継続的に磨き上げることが広報活動の核心であり、常に指針とするべき点と考えます。

    詳しくみる

  • 会員開発拡大委員会

    #

    片桐 大介

    先輩諸兄姉から脈々と運動を展開してきた朝霞青年会議所は、近年新入会員数より卒業生が増え以前に比べ会員が減少しています。この組織が未来を見据え、明るい豊かな社会の実現に向かい運動を発信し続けるためには、一緒に運動する仲間を増やすことが不可欠です。地域の担い手である若者の意識を呼び起こし一緒に運動を進めるために、私たちが志を一つにし、組織が一枚岩となりこの運動の素晴らしさを伝えていく必要があります。

    詳しくみる

  • 45周年実行委員会

    #

    林田 勝王

    1973年に設立された朝霞青年会議所は、明るく豊かな社会の開発と人間性の創造を目指し「若い団結 四市はひとつ」をスローガンに掲げ、様々な課題に取り組んできました。45年間継承してきた地域創造をさらに飛躍させるため、若い力で四市を向かうべき方向へ導きます。そして、市民一人ひとりが地域の未来を考えられる、さらに魅力あるまちへと成長することで、人と人とが支え合う理想のまちを創造することができるのです。

    詳しくみる