一般社団法人朝霞青年会議所

委員会紹介

  • 組織力強化委員会

    服部 茜 委員長

     朝霞青年会議所が47年目を迎える今、人々の生活環境や意識は時代とともに変化しつつあります。そのため、多様化する価値観や生活様式を認容し、環境の変化に迅速に対応することが求められます。朝霞青年会議所が、今後も活発かつ能動的に運動を進めるためには、会員一人ひとりが過去の体験や経験にとらわれ過ぎることなく視野を広げてものごとを見ることのできる大局観を持つことで、何事においても果敢に挑む必要があります。
     本年度組織力強化委員会では、温故知新の精神を胸に、組織と人の両面から組織力の強化を図るため、朝霞青年会議所の歴史を学び、歴年の尊い軌跡に感謝と敬意の念を抱きつつ試行錯誤することで、誰もが参画したいと思える環境を整え、会員の当事者意識を高めていきます。そのためにまずは、規律の強化を図り、周知し、全員が徹底して実行することで、円滑な組織運営ができるようにします。そして、規定や慣習の見直しを進めていくことで、誰もが参画しやすい環境をつくることができ、なおかつ、時代に適した無駄のない組織運営を可能とするとともに、会員の参画意識をより高めていきます。さらに、各々の視野を広げることで新しいことが次々と見えてくるようになり、朝霞青年会議所の魅力の再認識にもつながり、当事者意識もより高めていきます。その結果、会員一人ひとりが何事にもひるまず、自発的に取り組み、決断力を発揮し行動することで、魅力や刺激を生み続けることができるようになり、さらに、環境の変化に迅速に対応することのできる、誰もが参画したいと思える組織の構築へとつながり、組織力を強化することができます。
     新たなる飛躍への確かな一歩を踏み出すことができれば、地域の軌跡や現状に甘えることなく、地域とともに挑み成長することのできる、地域にとって必要不可欠な朝霞青年会議所となり、魅力溢れる明るい豊かな地域の創造の実現につながっていくと確信します。

  • まちの魅力創造委員会

    山田 寛樹 委員長

     朝霞青年会議所の活動地域である四市は、利便性が良いことから人口が自然と増加していますが、まちへの愛着が高まりやすいとはいえません。新たな市民が、ただ生活するだけの場所と考えるのではなく、このまちをもっと良いまちにしたいという想いを持つことで、四市はより活気付くのです。だからこそ、市民の心を惹きつける新しい魅力を生み出すことで、住み暮らすのであれば四市と思うことのできる愛郷心を育む必要があります。
     本年度まちの魅力創造委員会では、市民一人ひとりの想いをつなげて大きくすることに挑みます。私たちの運動に対して市民に共感していただき、これまでにないような事業を考え、実際に作り上げることで、四市に対する関心を高めます。まずは、朝霞青年会議所の運動に対して、気兼ねなく携わっていただくことのできる環境を整えることで、より多くの市民を巻き込み、賛同していただける関係を築きます。そして、個々の力は小さくても、手を取り合って協力することで、大きな成果が生み出されることを実感していただくことにより、地域で行われる様々な運動への参加意欲を高めます。さらに、一丸となって一つの目標に向かって挑戦し、達成感を共有していただくことにより、忘れることのできない一生涯の感動体験へとつなげ、市民一人ひとりの記憶に刻み込みます。私たちと市民が想いを共有し、力を合わせて確実な成果を残すことにより、新たなまちの魅力がこの四市に生まれるのです。自分たちのまちを自慢することができる、自分たちのまちに住んでいて良かった、自分たちのまちに住み続けたい、と思うことのできる愛郷心を育みます。
     四市を愛する市民が増えることにより、このまちの未来を自分たちでより良くしていくという想いへとつなぐことができます。そして、その想いを持った人々が互いに手を取り合い絆を深めていくことで、人と人とが支え合う理想のまちになると確信しております。

  • 意志の力育成委員会

    橋本 篤 委員長

     人や情報の移り変わりが激しくなった現在の社会情勢において、価値観は多様化し多種多様な仕事や生活の在り方が生まれています。そのような環境の中で子どもには、多くの選択肢が与えられており、子ども自身にとって最良の選択をすることができるようになることで、子どもがいきいきと歩むことができます。だからこそ、困難が立ちはだかっても子ども自身が望む将来を選択できる力を身に着け、意志の力を高める必要があるのです。
     本年度意志の力育成委員会では、子どもに対し、最後までやり遂げたという経験こそが成長につながるという学びの原体験となる事業に取り組んでまいります。朝霞青年会議所が主体となり地域と連携し、子どもが自ら目標を設定し達成に向けて積極果敢に挑む気概を養います。まずは、子どもが持てる力を精一杯発揮する機会を設けることで、成功は自信を、失敗は成功への学びをもたらすことを実感し、挑戦することの重要性を理解することができます。そして、子どもが勇気を持ってぶつかり合う実体験を通じて、他者との協力が生む力や自分自身の強みや弱みを肌で感じ、困難に積極的に挑む主体性が身に着きます。さらに、設定した目標を達成することで、自信を持った子どもが将来像を自ら描くことができるようになります。子どもが目標を設定し、互いに協力し合いながら達成することで、壁を乗り越えた成功体験を得ることができます。また、この成功体験が原動力となり子どもが率先して次の挑戦をするようになります。成功や失敗を経験した子どもには、新たな目標を立てて挑戦し続けるサイクルが生まれ、さらなる成長へとつながるのです。
     意志の力が育まれた子どもは、時代の移り変わりに流されず、自らの意志で将来を選択して切り拓いていくことができます。自らで考えて行動する主体性と、自ら目標を決めてやり抜く力を身に着けた子どもは、どんな時代でも生き抜いていけると確信しています。

  • 強き人財開発委員会

    大久保 匡祐 委員長

     この地域には多くの企業が存在しており、地域に対して社会貢献活動をしている企業もありますが、まだ十分な状況とは言えません。地域の企業が、住民や他の企業とお互いの関係を大切にし、人のことを想う行動が相手に通じ、人の想いが自然と自身に返ってくるサイクルができることで、この地域はより発展することができます。だからこそ、相手を想い行動し、自社の発展を通じて社会貢献ができる強い人財を育成する必要があります。
     本年度強き人財開発委員会では、「百折不撓」の精神を持ち、物事を成し遂げるためには何事もあきらめず、社会のために行動し続ける、情熱と高い志を持った強い人財の育成に挑んでまいります。まずは、人のために尽くし、目的達成への実行力のある経済人の考え方や行動力に触れることで、より高い意識を持ち考えることで自身の理想に向かって行動することにつなげます。そして、社会貢献活動をしている企業の事例を学び、地域住民や他の企業と連携し、自社と地域が良い関係を持つことにより、発展していく可能性を見出し、検証と実行を重ね、この地域と共に成長をしていく機会を創出します。さらに、多種多様な考えと職種の人が集まる私たちがお互いに学び合い、成長していく機会をつくることにより、周りの人たちに、自身や自社の魅力と社会貢献の大切さを伝播していく会員を増やし、地域経済の発展に貢献していきます。私たちの住み暮らす地域を想い、行動し続けることで、地域住民や企業の信頼関係を築いていくことができます。感謝の心を行動理念におき、人に尽くしていくことで自社の発展へとつなげていく人づくりに挑みます。
     常に相手のことを想い行動する経営姿勢を持つ人が増えることにより、自社の発展を実現できる企業が地域に増えます。人のことを想う企業と関わる人に、その経営姿勢が伝わり人の想いは循環しつづけ、地域の企業が共に成長する地域経済を実現してまいります。

  • 会員拡大会議

    田嶋 囲式 議長

     朝霞青年会議所は青年の地域に対する想いが受け継がれることによって、46年間絶えることなく運動を発信してまいりました。私たちの想いは多様な価値観で磨かれることで魅力的になり、より多くの市民に伝播することができます。そして、多彩な個の魅力こそが組織の魅力を高める基盤となります。だからこそ、地域を良くしたいという志を同じくする仲間が集まることが重要であり、会員一人ひとりが拡大に取り組む必要があります。
     本年度会員拡大会議では、朝霞青年会議所の運動を次代につなげるという責任と必ず拡大を推し進めるという覚悟を持って誰よりも「行動」することで、埼玉県でナンバーワンの会員数を実現します。本気で行動するからこそ会員の当事者意識を高めることができ、組織が一丸となって拡大に取り組むことができます。まずは、無限の可能性を秘めた仲間と出会うために自分自身の固定概念を取り除き、徹底した情報収集を行います。そして、一分一秒を惜しんで行動し、一人でも多くの仲間に青年会議所の魅力を伝えることにより私たちの想いを地域に伝播します。拡大に対する目標を掲げて達成するためには、実現に向けて覚悟を持って踏み出さなければいけません。目標を必ず実現させるという強い意志を持った全ての会員が行動することで、四市に対して拡大の大きなうねりを生み、多くの市民に私たちの想いを届けることができ、まちづくりに対する意識変革のきっかけとなります。覚悟を持って行動できる会員が増えることで、青年会議所運動がよりダイナミックなものとなり、さらに多くの市民に私たちの想いを届けることができるようになります。
     朝霞青年会議所の本気の想いが市民に伝播されることにより、自ら地域のために行動を起さなければいけないという自立した市民意識が醸成されます。その市民が地域を愛することで、人と人とが支え合う愛郷心あふれるまちの創造につながると確信しております。