一般社団法人 朝霞青年会議所

総務広報委員会

#

畑井 雄太

朝霞青年会議所は本年45周年を迎え、この先も地域から必要とされる組織であり続けるためにも先輩諸兄姉が積み上げてきた伝統を継承し、新たな課題に挑戦していく中でメンバー一人ひとりが成長して足並みを揃えていかなければなりません。組織は人で成り立っていることから、メンバー一人ひとりが義理人情に厚く組織の帰属意識を持ち現状に甘んじることなく律していく姿勢が、組織基盤を強化する上で最も重要であると考えます。

本年度総務委員会では、「率先垂範」を委員会のテーマとして、言葉より先に行動をすることを心がけ模範となる背中を示していきます。各種事業へ積極的に参加することは勿論のこと、メンバーに対して積極的な行動を喚起する立場として、多岐にわたる業務を誠実かつ粛々と行い、運営、設営、管理、守るべき行動規範を徹底し、組織の要として円滑で効率的な組織運営を目指し下支えをしてまいります。まずは、私たちは会議を重ね本質の追求をする団体であり、軸からブレない基礎作りと、活発な意見を汲みかわせる自信に満ち溢れた個の資質向上に働きかける土台作りを行います。そして、委員会内で諸会議運営やルール、行動規範について学び、各委員会や各メンバーへ学べる機会を提供し、自信へとつなげ意思統一を図ります。さらに、メンバー一人ひとりがJAYCEEとしての気概を持つことで帰属意識を高めてまいります。また、運動を推進していく委員長間の連携をより強固なものとするため、定期的に意見交換を行い目的意識や情報を共有し、より一層の向上心と義理人情に厚い人間関係を構築していき、メンバーへ波及してまいります。

率先して行動ができ行動規範が身についたメンバーは、この地域の先頭に立って人を牽引して、課題に臆することなく行動できる人材へと成長します。そして、私たちが一丸となって夢を抱ける四市地域の創造に向け、仲間と共に突き進んでいけると確信できます。