一般社団法人 朝霞青年会議所

会員開発拡大委員会

#

片桐 大介

先輩諸兄姉から脈々と運動を展開してきた朝霞青年会議所は、近年新入会員数より卒業生が増え以前に比べ会員が減少しています。この組織が未来を見据え、明るい豊かな社会の実現に向かい運動を発信し続けるためには、一緒に運動する仲間を増やすことが不可欠です。地域の担い手である若者の意識を呼び起こし一緒に運動を進めるために、私たちが志を一つにし、組織が一枚岩となりこの運動の素晴らしさを伝えていく必要があります。

本年度会員開発拡大委員会では、メンバーが一丸となって会員拡大に臨むにあたり、不撓不屈の精神で取り組みます。会員拡大の基礎となる一人ひとりの資質向上は、それぞれが勇気を持ち新しい挑戦をしていくことで得られます。自ら手を伸ばして積極的に得る経験が、自分自身の可能性を信じる力を育みます。しかし、自己成長は、一人では達成できないと考えます。時に人とぶつかり合うことにより人と深く関わることができ、人は磨かれ感謝の念を持ち人に尽くせる様になります。そして、自分が成長していく楽しさとJCの魅力を他者に伝えられる人になります。また、魅力が高まった人が集まり地域に運動を発信し続けるこの組織に共感を覚え、一緒に運動をする仲間を増やしていきます。そのために、未来を見据えた中長期ビジョンを持ち、継続可能な計画を立てていきます。この組織を推し進める原動力となる拡大対象者の現在の状況を把握し、効果的に会員拡大が行えるシステムを構築していきます。私たちがさらなる成長をしてこの地域のために運動することで、四市地域の若者と手を取り合って朝霞青年会議所の魅力を高めていく所存です。

メンバーが経験を積み魅力を備え、この四市に潜在する若き地域の担い手の共感を得られる運動が発信できる様になります。地域の若者とふれあうことで互いに絆が深まり、新しい発想を取り入れて未来へ一緒に歩んでいく仲間が増えていくことと確信いたします。