一般社団法人 朝霞青年会議所

社会開発委員会

#

田嶋 囲式

若者が地域活動に想いを持って取り組むことで、未来に向けたまちづくりに向け、次代につながる大きな一歩となります。しかし、地域活動は行政がやってくれると考える若者が増え、まちづくりに対する距離感を見いだせずにいます。すべての人が地域を自分のこととして捉え活動することで、まちづくりは連綿とつながります。今こそ、若者は自分の未来を自分の力で切り拓く意志を持つことにより、当事者意識を高める必要があります。

本年度社会開発委員会では、「行動力」をテーマに掲げ、地域活動を通じて若者のまちづくりに対する意識変革を行います。若者が地域の未来をより良くしたいという想いを持って行動することにより、その行動に感化された市民たちと支え合いながら行動できるようになります。まず、地域のために活動している若者の想いを朝霞青年会議所が把握し、市民に伝播することにより、互いにまちに対する想いを高め合います。そして、行政への関心を高めることにより、地域が抱える課題を自ら考え、次代のために魅力あるまちを創るという責任感を育みます。さらに、地域のために自ら積極的に行動することにより、まちづくりは他人事ではなく、自分たちが自分たちの想いをかなえるためのものであると実感していただきます。私たちも意識変革をより力強いものにするためにまちづくりの使命を再認識し、若者に共感した市民と共に行動します。若者の想いにふれ、市民のために運動を発信することにより人に尽くす経験を積み、市民のまちに対する熱意を知ることで挑戦する心をさらに高め、四市のために先頭を切って行動できる人になることができます。

地域のために行動することで人に尽くす心が芽生え、その想いが市民に伝播し、自らの手で未来を創っていくという自立した市民意識が醸成します。その市民が地域を愛することにより、次代の若者が夢を見ることのできる魅力ある地域になると確信しております。