一般社団法人朝霞青年会議所

理事長紹介



~互いを想いやる地域の創造~

運転 力也

第50代理事長 運天 力也

 一般社団法人朝霞青年会議所は設立から様々な個性を持った異なる職種の青年がまちづくりを通じて意見を交わし運動に取り組むことにより、個の成長、会員間の強い絆が創られる団体であります。私自身も青年会議所運動を通じて人のため、まちのために真摯に考え行動に移すことで相手を想う気持ちの重要さを気付く機会を得ることが出来ました。四市に携わるすべての人が相手のために考え行動することで、自身の住まうまちに対してより関心を持ち、市外の人からは訪れたくなるより魅力あるまちになります。時代によって市民の暮らしは大きく変容し、まち、経済、教育は新たな課題への対応を求められております。今後時代の変化で起こりうる困難な状況に対しても、課題に対して市民が自然と手を差し伸べられる環境を強め、市民一人ひとりが相手のために真摯に考え地域の課題解決に向けて率先して行動しなければいけません。だからこそ、一般社団法人朝霞青年会議所一丸となり市民の人、地域に対する意識をより高めることが必要であると考えます。

 2022年度一般社団法人朝霞青年会議所では、会員、市民に対して相手を想う気持ちの醸成を行い、会員、市民が相手のために真摯に考え、率先して行動する絆溢れる地域の創造を目指し運動を展開してまいります。まずは、会員間の壁を取り除き、会員が互いを想いやり強い信頼関係で結ばれることで、心と心が通い合う強固な組織を創造いたします。次に、子どもの自立心を育むために地域の地縁的なつながりを強化し、市民が子育てに対して関心を高めることで子育てを支える地域を創造いたします。また、人を惹きつける地域となるために、地域に潜在する財産に光を当て発信することにより人から人へ魅力が伝播しまちに愛着を持っていただく機会を創出いたします。そして、更なる運動の幅を広げるために、会員の拡大に対する意識を高め、四市に携わる人に対して青年会議所の認識を深めていただくことにより会員の輪を広げます。更に、設立から49年間支えていただいたすべての人に心からの感謝を伝えると共に私たちと市民の心を通わせることにより絆を強固なものといたします。市民の絆が創られることによって今後いかなる課題においても市民で支え合い、5年、10年先において更につながりが強い地域になるのです。

 四市に携わるすべての人が相手のために考え真摯になって寄り添うことで四市の明るい未来の可能性は無限に広がります。私たちが市民と共に歩むことで市民の意識を変革し四市に携わるすべての人が強い絆で結ばれることにより、人、まちの更なる成長につながります。行政、関係諸団体だけではなく市民一人ひとりがまちづくりに携わる絆溢れるまちの創造の実現のために青年会議所運動に邁進してまいります。

絆で結ばれた会員の育成

 会員間の壁を取り除く機会を持つことで、どのような状況下においても会員が互いを想いやり行動することにより、組織の重要性を実感し会員の絆を強固なものといたします。

子どもの未来を創る地域の絆

 子どもが明確な意思を持つために、市民が子どもたちと真摯に向き合うことの出来る場を提供することにより、地域ぐるみで子どもの未来を考えていくまちを創造いたします。

絆で育む地域の魅力

 市民が自然と手に取れる広報とは何かを考え、地域の資源を新たな発想を取り入れ発信することで、経済、地域の更なる発展へとつなげます。地域一体となり魅力を発信することにより、市民一人ひとりが地域に対して愛着を醸成する機会を創造いたします。

絆溢れる四市の未来へ

 設立から49年間支えていただいたすべての人に感謝を伝えこれまで行ってきた運動、今後のまちの課題を検証し四市の未来に向けて発信いたします。今後の一般社団法人朝霞青年会議所の運動の方向性を理解していただき市民と共に歩むことにより絆溢れるまちを創造いたします。

団体概要

組織図

朝霞青年会議所組織図

設立趣意書

名高い武蔵野の平林寺を囲み埼玉県庁所在地浦和市に隣接し、東京の副都心、池袋より東武東上線にて20分、又48年武蔵野西線開通と東京のベッドタウンとして急速に発展しつつある朝霞市、志木市、和光市、新座市の四市、四市それぞれ数年前迄は伸銅の町として栄えた朝霞市、江戸時代より新河岸川を通じて東京への市場町として流通機構の一端をなし、市場を通じて各問屋の発展があった志木市、昔から宿場町であった和光市、野火止用水、平林寺で有名な新座市と各市共埼玉県北足立郡の一町村として栄えてきました

しかし、現在では東京経済圏の中でも都市化が急ピッチで押寄せ東京のベッドタウンとして、人口の急増は全国でも一、二を競う増加地域です。

この四市に於いて、人口増加と公共施設、転入者と地元民とのギャップ、地域社会に於いての経済、又、公害問題等、難問題が山積されています。この問題について、次代の担い手となる若い我々が各市各小グループに於いて討議、研究して来ましたが各小グループでは難題が多く、47年初当初旬頃より、各グループより間に於いて、四市がまとまり、より強力な地域社会の開発には四市合同で、青年会議所を設立して、調和のとれた明るく豊かな社会の開発と人間性の創造を目指して、活発に行動すれば山積されている問題の解決におのずから近づくのではないかという考えと同時に若い我々がこの活動を自己修練の場として、新時代に合致した人間形成をめざそうと正式に朝霞青年会議所設立へと進行しました。

朝霞青年会議所設立の為、会員各自努力していますので、諸先輩の絶大なるご支援とご理解のあるご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

JC宣言

  • JCIクリード

    The Creed of Junior Chamber International
    We Believe;
    That faith in God gives meaning and purpose to human life;
    That the brotherhood of man transcends the sovereignty of nations;
    That economic justice can best be won by free men through free enterprise;
    That government should be of laws rather than of men;
    That earth’s great treasure lies in human personality;
    And That service to humanity is the best work of life.
    ■和訳
    我々はかく信じる
    信仰は人生に意義と目的を与え
    人類の同胞愛は国家の主権を超越し
    正しい経済の発展は自由経済社会を通じて最もよく達成され
    政治は人によって左右されず法によって運営さるべきものであり
    人間の個性はこの世の至宝であり人類への奉仕が人生最善の仕事である

  • JCI MISSION

    To provide development opportunities that empower young people to create positive change.
    ■和訳
    JCIのミッション(使命)は、
    「より良い変化をもたらす力を青年に与えるために発展・成長の機会を提供すること」

    JCI VISION

    To be the leading global network of young active citizens.
    ■和訳
    JCIのビジョンは、
    「行動を起こす青年の国際的ネットワークを牽引すること」

  • JC宣言

    日本の青年会議所は
    希望をもたらす変革の起点として
    輝く個性が調和する未来を描き
    社会の課題を解決することで
    持続可能な地域を創ることを誓う

    綱領

    われわれJAYCEEは
    社会的・国家的・国際的な責任を自覚し
    志を同じうする者、相集い、力を合わせ
    青年としての英知と勇気と情熱をもって
    明るい豊かな社会を築き上げよう

    5つの問いかけ

    1.自らをきたえているか
    2.ルールを守っているか
    3.真実を貫く勇気があるか
    4.友情を大切にしているか
    5.人のために尽くしているか

  • 関東地区宣言

    わたしたちは 日本の礎として
    あらゆる未来をみつめ
    多様性溢れる 仲間と共鳴し
    新たな価値の創造により
    新時代の旗手となることを誓う

    あさか未来推進宣言

    私たちは
    JAYCEEとして自らが輝き
    多様な価値観を持つ人々と協働することで
    人とまちを輝かせ
    共に生きることができる
    持続可能な四市をつくることを宣言する

朝霞青年会議所 事務局

〒351-0011 埼玉県朝霞市本町1-8-7 綿谷ビル2階
TEL.048-464-5492
FAX.048-463-8776